ぷるぷるした直方体

元職業エンジニアの雑記です

ノンアルコールジュースの飲み比べ

ワイン(アルコール)は飲めない。が、ちょっと高くても美味しいものを飲みたい。そんな気持ちは日本人の9割8分が持っていると思います。

そこで、数種類のぶどうジュース(比喩ではない)と関連するジュースを飲み、勝手に五段階でレビューしました。 結果、様々な種類があることがわかり、かなり美味しいと感じるものも発見できました。ワインの代わりを十分に果たしてくれることでしょう。

なお、レビュー結果は主観であり、甘いものを高く評価しがちです。気になった方は自分で試してみましょう。

赤ジュース

シドルリ ミニャール スパークリングワイン グレープジュース

  • 評価: A
  • 概要: ぶどうの味が濃厚で、かなり甘め。ウェルチを上品にした感じ。空けた直後は結構強い炭酸。数日後はしっとりとして、一瓶で二度美味しい。
  • メモ: 750mlの瓶がamazonから無くなり、375mlの合わせ買いのみになっていた

ケロー スパークリングフルーツジュース レッドグレープ

  • 評価: S
  • 概要: 甘さとぶどうの酸味のバランスが絶妙。上記のシドルリとかなり近いが、こちらの方が好み

成城石井 シャメイ スパークリング レッドグレープ

  • 評価: C
  • 概要: 相当甘い。ぶどうの味が濃いが、単調

ピュアポム スパークリング グレープジュース (レッド)

  • 評価: A
  • 概要: 甘いには甘いが、あくまでぶどうの甘さを引き立たせたような甘さ。もう少しスキッとした甘さだとより良かった。甘めのぶどうジュースとしてはとても良い

アルプス 信州コンコードストレートジュース

  • 評価: C
  • 概要: 良くも悪くもぶどう果汁100%感が強い。水っぽさを感じ、甘みが少し物足りない。ぶどう好きな人には良いかもしれない

デュック・ド・モンターニュ ノンアルコール スパークリング ロゼ

  • 評価: D
  • 概要: すごくシャンパンっぽい味がする。アルコール入ってるんじゃないかというくらい。つまり、好きではない味だ。シャンパンの味は好きだがアルコールが摂取できないという事情がある場合は良さそう

白ジュース

ピュアポム スパークリング ホワイトグレープ

ピュアポム スパークリングジュース ホワイトグレープ 750ml

ピュアポム スパークリングジュース ホワイトグレープ 750ml

  • 評価: B
  • 概要: ケローと同じ感じ。いい白ぶどうはだいたいこんな味なのかもしれない。

アラン・ミリア ソーヴィニヨン・ブラン

  • 評価: A
  • 概要: 濃厚ではあるが、後味は比較的さっぱりしている。あまり生のぶどう感はないので、上品な甘いジュースを飲みたい人におすすめ。

ぶどう以外のジュース

成城石井 シャメイ スパークリング アップルジュース

  • 評価: B
  • 概要: 皮ごとりんごを齧った時の味がする気がする。みずみずしい。甘すぎずすっぱすぎない、なかなか良い塩梅だが皮の味はそこまで好きではない

ケロー スパークリングフルーツジュース アップル

  • 評価: B
  • 概要: かすかな酸味と甘味が混ざる。少し独特な風味がするため、人によって好みが分かれそう。個人的には、もう少しぶどう感があった方が良かった。

アウレーリ キャロットジュース

アウレーリ キャロットジュース 720ml 有機 瓶

アウレーリ キャロットジュース 720ml 有機 瓶

  • 評価: D
  • 概要: とにかくニンジン。生のニンジンを食べた時の味が、そのままジュースになってる感じ。そういえば自分ニンジン嫌いだったわ、なんで買ったのか。ニンジンが好きな人なら評価は真逆だろう

シャイニー スパークリングアップル

  • 評価: A
  • 概要: さっぱりでまろやか。炭酸がかなり弱く、りんごの味もくどくない。よくりんごジュースにある嫌な後味がなくうまく調整されている感。だいたい缶ジュースの約2倍の値段

まとめ

探してみると、意外と色々な種類のジュースがありました。アルコールを飲まない方も、好みの飲み物を見つけてワイン愛好家の気分を味わってみてはいかがでしょうか。